留学にかかる費用について

留学にかかる費用について紹介します

カテゴリー: 未分類

出来る限り安く留学したい人のために

留学したい、でも出来る限り安く済ませたいと考える場合でも、充実した留学という事、また英語を学びに行くなどの目的を考慮すると、絶対にはずせない費用が出てきます。最低限しておきたいことはどんなことなのか、という目的をはっきりさせて優先順位を決めておくと、費用の割り振りができ、削るべき部分が見えてきます。

また留学費用の節約にはいくつかの方法があります。一つは、夏休みなどの留学シーズンをずらして、別の期間に留学するという事です。渡航費などもかなり違いが出てきますし、学生がかなり減るので、落ち着いたイメージの中勉強できるでしょう。

次に滞在スタイルを考えてみます。ネイティブな英語に慣れるためにはホームステイが適しているといわれますが、長期留学となると自炊できる環境の方が生活費を安く抑えられます。買い物するという事を考慮すると、物価が安いところを選択するという事も考えましょう。郊外の方がより物価が安くなります。

留学サポートや、語学学校の長期割引などのキャンペーンを行っているところもありますので、そうしたところを探すという事も留学を節約する方法となるでしょう。

留学を出来る限り安くしたいという場合も、目的意識をしっかり持っておかなければ、何をしにいったのか本末転倒となってしまいます。留学費用を安くするという事の前に、どういう事をしたいから留学するのか、その目的をしっかり考えておくべきです。

学校別、目的別の留学費用

大学に留学するという事を考慮する場合には、2年に行くのか、それとも4年行くのかによって費用が大きく異なります。9か月間大学に留学する事を考えてみると、アメリカの短大の場合、245万円、大学の場合445万円です。カナダは短大で205万円、大学で255万円とアメリカと比較して4年制大学に大きな費用の差がみられます。

高校に9か月間留学するという費用は公立高校で一般的に230万円から300万位で、アメリカなどの場合、私立校がメインとなるため、年間500万円以上かかるという学校さんも少なくありません。

専門学校はどうなのかというと、公立、私立があり、やはり公立の方が授業料も安めです。しかし期間が長くなるという傾向があるので、トータルするとそれほど変わらないという事もあります。アメリカの専門課程では9カ月から1年の授業料、滞在費、食費を計算すると445万円位かかります。カナダなどは270万円なので、国によってかなり違いがあります。

ワーキングホリデーではどうなのかというと、1年間で総額80万から200万という相場です。ワーキングホリデーは、学ぶ、暮らすという事のお他に、働く、旅するという希望を取り入れることができ、今人気の留学方法です。一定の就労が許可されているので、職を得ることが出来れば、生活費に利用できます。

留学にはお金がかかる

最近は大学生に限らず、高校生も中学生年代も、積極的に留学を経験されています。昔ほど留学に費用がかからなくなった、という事もありますが、近ごろは多くの留学方法があるので、みなさん目的に応じて留学を果たしています。
しかし、留学するということはイコール費用がかなり掛かるという事を覚悟しておかなければなりません。どのような費用がかかるのかというと、まず、留学前にかかる費用があり、さらに留学中にかかる費用があります。

留学前にかかる費用としては、事前語学学習が必要となりますので、書籍の購入や塾、教室の費用などがあります。留学先の学校に入学する申請料や授業料、さらにビザの申請も必要となるので、その費用、パスポート取得費用に現地への往復航空運賃、さらに海外に行くという事で、海外留学保険が必要です。

留学中にかかる費用としては、学校関係の入学費用、授業料など学校関係の諸費用、さらに滞在の為の費用、食費、お小遣い、現地では学校以外に、その土地で楽しめる留学中のアクティビティなどがありますので、それにかかる費用などがあります。

留学する目的、プログラムによっても費用がかなり違いますし、留学先の国によっても金額がかなり違います。こうした費用をしっかり計算し、留学に行く前に予算を持っておくことが必要なのです。
当サイトは留学中にどのような費用がかかるのかを細かく紹介します。当サイトが留学される皆様のお力になれたら幸いです。